スタッフ

齋藤 陽彦(院長・眼科専門医)プロフィール

院長:齋藤 陽彦(D.V.M PhD DAiCVO DJSCVO)Akihiko Saito

齋藤院長

○経歴

1977年 麻布獣医科大学卒業 獣医師免許取得
1977年〜1984年 臨床研修
1984年 トライアングル動物病院開設
2000年 獣医学博士取得 (酪農学園大学)
2002年 獣医眼科専門医 比較眼科学会(DJSCVO)
2003年~2008年 酪農学園大学 客員教授
2006年 トライアングル動物眼科診療室開設
2008年~ 同特任教授
2005年 獣医外科設立専門医(DJCVS)
2009年~2011年 International Society of Veterinary Ophthalmology 会長
2010年~ 一般社団法人 日本獣医眼科カンファランス (JVOC)
2011年~ アジア獣医眼科設立専門医 (DAiCVO)

メッセージ

トライアングル動物眼科診療室は、ペット、オーナー、ドクターの信頼関係の構築を診療理念として、1984年5月より質の高い総合動物医療サービスの提供をモットーに、地域社会に貢献できるよう努めてまいりました。
設立より20年を経て、“人と動物のきずな”の深まりからより専門医療体制の整備が求められるようになり、2006年5月、トライアングル動物眼科診療室と変更し、動物眼科診療専門の施設として今に至ります。
動物眼科診療専門の施設として、また動物眼科分野における臨床・研究のリーダーとして、広く社会に貢献していきます。

○著書著作(ここをクリックしてください)

1. 学術論文

1995年

(1)齋藤陽彦, 印牧信行, 松浦建治 (1995): 水晶体亜脱臼を随伴したネコの外傷性葡萄膜炎の一例.比較眼科, 14: 31-34.

1998年

(2)齋藤陽彦, 印牧信行, 小野啓, 松浦建治 (1998): ストロボフラッシュ型刺激装置を用いた犬のSingle Flash ERGにおける刺激光量の変動と波形の変化. 比較眼科, 17: 27-33.

1999年

(3)Saito A, and Kotani T. Tear Production in dogs with epiphora and corneal epitheliopathy. Vet. Ophthalmol. 1999, 2: 173-178.

1999年

(4)小野寺純, 岩崎徹, 齋藤陽彦, 伊藤博, 濱野孝, 金井淳, 永井裕 (1999): アテロコラーゲン溶液の涙点閉鎖材への応用. 人工臓器, 28: 225-229.

2000年

(5)齋藤陽彦 (2000): 眼表面疾患に対する瞬膜被覆術の検討-主に外科学的アプローチで治療する眼疾患-.比較眼科, 19: 59-63.

2001年

(6)Saito A and Kotani T. Estimation of lacrimal level and testing methods on normal beagles. Vet. Ophthalmol. 2001; 4: 7-11.

2001年

(7)Saito A, Izumisawa Y, Yamashita K and Kotani T. The effect of third eyelid removal on the ocular surface of dogs. Vet. Ophthalmol. 2001; 4: 13-18.

2001年

(8)齋藤陽彦, 小谷忠生 (2001): イヌにおけるフェノールレッド綿糸法の有用性に関する検討. 比較眼科, 20: 27-30.

2002年

(9)Onodera J, Saito A, George J, Iwasaki T, Ito H, Aso Y, Hamano T, Kanai A, Miyata T and Nagai Y. Application of atelocollagen solution for lacrimal duct occlusion. Adv Exp Med Biol. 2002; 506(Pt B): 1277-81.

2002年

(10)石田こずえ, 田上久美, 北川勝人, 福井正信, 齋藤陽彦 (2002):ミニチュアダックスフンドの1家系に見られた視神経乳頭形成不全. 比較眼科, 21: 33-37.

2003年

(11)福井正信, 齋藤陽彦 (2003): 欧州の獣医眼科学領域における電気生理学的研究活動について. 比較眼科, 22: 15-18.

2004年

(12)Saito A, Watanabe Y and Kotani T. Morphologic changes of the anterior corneal epithelium caesed by third eyelid removal in dog. Vet. Ophthalmol. 2004; 7: 113-119.

2010年

(13)伊藤良樹,梅田裕祥,若生晋輔,齋藤陽彦 (2010): 犬緑内障症例における動物診療施設への来院までの日数と視覚維持の検討. 日獣会誌, 63, 281- 285.

2010年

(14)Umeda Y, Nakamura S, Fujiki K, Toshida H, Saito A, Murakami A: Distribution of goblet cells and MUC5AC mRNA in the canine nictitating membrane. Exp Eye Res. 2010; 91(5): 721-726.

2. 国際学会発表

1997年

(1)Saito A, Honda T and Kotani T. (1997): Clinical study of lacrimal secretion testing method in dogs with epiphora. 第28回米国獣医眼科専門医年次大会,Santa Fe, New Mexico .

1997年

(2)Saito A, Ito H, Kotani T, Izumisawa Y, Yamashita K. (1997): The effect of third eyelid removal on the preocular tear film in dogs. 第28回米国獣医眼科専門医年次大会,, Santa Fe, New Mexico.

1998年

(3)Saito A, Watanabe Y, Izumisawa Y, Yamashita K and Kotani T. (1998): Morophological changes of corneal anterior epithelium caused by the third eyelid removal in dogs. 第29回米国獣医眼科専門医年次大会,, Seattle, Washington.

2001年

(4)Saito A and Kotani T. (2001): Application of third eyelid flap for the treatment of Descemetoceles in Dogs . 第32回米国獣医眼科専門医年次大会,, Sarasota, Frorida.

2002年

(5)Saito A, Takehana K, Ishida K and Kotani T. (2002): Application of Modified Medial Canthoplasty (MMC) for canine epiphora. 第33回米国獣医眼科専門医年次大会,,Denver, Colorado.

2002年

(6)Saito A, Takehana K, Ishida K and Kotani T. (2002): The effect of Modified Medial Canthoplasty on cases of corneal pigmentation in brachycephalic dog breeds. 第33回米国獣医眼科専門医年次大会, Denver, Colorado.

2003年

(7)Saito A, Takehana K, Tuduki A and Kotani T. (2003): Observation of tear overflow and evaluation of effect of the modified medial canthoplasty (MMC) on epiphora eyes of dogs. 第34回米国獣医眼科専門医年次大会, Coeur D’Alene, Idaho.

2004年

(8)Saito A and Tuduki A. (2004): Evaluation of effect of the modified medial canthoplasty (MMC) on corneal epitheliopathy of a Shih-Tzu dog by the lacrimal flow observation. 第35回米国獣医眼科専門医年次大会, Washington, DC.

2005年

(9)Saito A, Tuduki A and Umeda Y. (2005) : Gradual dissection of symblepharon in two cats , 第36回米国獣医眼科専門医年次大会. Nashville, TN

2006年

(10)Saito A, Tuduki A and Umeda Y (2006) : Application of autogenous lamellar keratoplasty for feline corneal sequestrum. 第37回米国獣医眼科専門医年次大会. San Antonio, TX

2007年

(11)Saito A, Umeda Y, Wakaiki S and Ito Y (2007) : Two canine cases with epiphora diagnosed as meibomian glands dysfunction (MGD). 第38回米国獣医眼科専門医年次大会. Kona, Hawaii

2008年

(12)Saito A, Umeda Y, Wakaiki S and Ito Y (2008) : Effects of a Meibomian Glands Secretion on Lacrimal Behaviour. 第39回米国獣医眼科専門医年次大会. Boston, MA

2010年

(13)Saito A, Umeda Y, Wakaiki S (2010) : Canine Medial Canthoplasty:A New Technique. 第41回米国獣医眼科専門医年次大会. San Diego, CA

2011年

(14)Saito A(2011) : Canine Dry Eye Syndrome,The ISVO Magrane Memorial Lecture ,October 13, 2011,世界獣医師会大会(WSAVA),国際獣医眼科協会(ISVO),アジア獣医眼科学会(AiSVO)発足記念大会,Jeju,SK

2012年

(15)Saito A(2012) :イヌの潰瘍性角膜炎の治療,第2回韓国獣医眼科学会年次大会講演, Seoul,SK

2012年

(16)Saito A(2012) :イヌの白内障治療の実態,第2回韓国獣医眼科学会年次大会講演, Seoul,SK

2012年

(17)Saito A, Umeda Y, Wakaiki S (2012) : Ten Years of Clinical Experience with Rapid, Fixed-Concentration Ocular Double-Staining Technique. 第43回米国獣医眼科専門医年次大会. Portland, OR

2013年

(18)Saito A(2013) : Palpebral Fissure and Lid Margin Disease: How to Detect Failures in Tear Film Function” ,世界獣医師会大会(WSAVA),国際獣医眼科協会(ISVO),Auckland, NZ

2014年

(19)Saito A (2014): Overview: What is the ocular surface? . 第1回獣医眼表面疾患ワークショップ(COSD) , Hokkaido, Japan

2014年

(20)Saito A (2014): Feline corneal sequestration – Medical therapies. 第1回COSD, Hokkaido, Japan

2014年

(21)Saito A (2014): A modified canthoplasty for reduction of ocular surface exposure and lacrimal effusion. 第1回COSD, Niseko, Hokkaido, Japan

2014年

(22)Saito A (2014): MMC for reduction of ocular surface exposure and lacrimal effusion, The surgical technique in detail. 第4回アジア獣医眼科学会, New Taipei City, Taiwan.

2014年

(23)Saito A, Wakaiki S, Iwashita H, Kazama Y (2014): Three methods of treating deep or perforated ulcerative keratitis in dogs. 第2回COSD, 第45回米国獣医眼科専門医年次大会, Ft Worth, TX.

2015年

(24)Saito A (2015): Tear Deficiency Syndrome in a WHWT. 3rd COSD, Niseko, Hokkaido, Japan

2015年

(25)Saito A (2015): Surgical Technique for Canine and Feline Ocular Surface Diseases. オーストラリア・ニュージーランド獣医専門医年次大会2015, 9 to 11 July, QT Gold Coast Hotel, Queensland, Australia.

2015年

(26)Saito A (2015): Canine Meibomian Gland dysfunction:Review, 第4回COSD, Tokyo, Japan

2016年

(27)Saito A (2016): A CASE OF CANINE HERPESVIRUS KERATOCONJUNCTIVITIS, 第5回COSD, Niseko, Hokkaido, Japan

2016年

(28)Saito A (2016): A CASE OF CANINE FUNGAL KERATITIS, 第5回COSD, Niseko, Hokkaido, Japan

2016年

(29)Saito A (2016): ESSENCIALS OF FLUORESCEIN STAINING, 第5回COSD, Niseko, Hokkaido, Japan

2016年

(30)Saito A (2016): Case study of ocular mucin deficiency, 第6回COSD, Tokyo, Japan

2016年

(31)Saito A (2016): Proposal for the punctate fluorescein staining from the 5th COSD 2016 discussion, 第6回COSD, Tokyo, Japan

2016年

(32)Saito A (2016): Case studies of Rebamipide and/or Diquafosol Sodium, 第6回COSD, Tokyo, Japan

2016年

(33)Saito A, Wakaiki S, Iwashita H, Kazama Y (2016): A NOVEL NICTITATING GLAND REPOSITIONING TECHNIQUE TO TREAT GLANDULAR PROLAPSE, 第47回米国獣医眼科専門医年次大会, Monterey, CA

3. 主宰国際会議

2014年

(1)First Comparative Ocular Surface Disease Workshop; 6-8, Mar. 2014, Niseko Japan

2014年

(2)Second Comparative Ocular Surface Disease Workshop (Co chaired with Dr. David Maggs); satellite to theACVO at DFW in 2014

2015年

(3)Third Comparative Ocular Surface Disease Workshop; 5-6, Mar. 2015, Niseko Japan

2015年

(4)Fourth Comparative Ocular Surface Disease Workshop; 8, Aug. 2015, Tokyo Japan

2016年

(5)Fifth Comparative Ocular Surface Disease Workshop; 3-5, Mar. 2016, Niseko Japan

2016年

(6)Sixth Comparative Ocular Surface Disease Workshop; 10, Oct. 2016, Tokyo Japan

4. 著書

2005年

(1)齋藤陽彦,待合室の眼科シリーズ:ファームプレス社, 東京, 2005.

2009年

(2)齋藤陽彦,眼科症例カンファランス1:ファームプレス社, 東京, 2009.

5. 監修

2012年

【特集】白内障,監修:齋藤陽彦,SURGEON,95-96号,インターズー,東京,2012.

6. 成書執筆

2004年

(1)齋藤陽彦,角膜炎:新版 主要症状を基礎にした猫の臨床,前出吉光監修,デーリィマン,札幌,2004,pp. 688-692.

2004年

(2)齋藤陽彦,潰瘍性角膜炎:新版 主要症状を基礎にした猫の臨床,前出吉光監修,デーリィマン,札幌,2004,pp. 693-696.

2004年

(3)齋藤陽彦,角膜びらん:新版 主要症状を基礎にした猫の臨床,前出吉光監修,デーリィマン,札幌,2004,pp. 697-700

2004年

(4)齋藤陽彦,ぶどう膜炎:新版 主要症状を基礎にした猫の臨床,前出吉光監修,デーリィマン,札幌,2004,pp. 701-705

2013年

(5)齋藤陽彦,アジア獣医眼科専門医の概要,JVM 文永堂,2013

2014年

(6)齋藤陽彦,結膜の疾患(結膜炎)、白内障、緑内障、角膜の疾患{角膜炎、角膜浮腫、乾性角結膜炎、角膜潰瘍(デスメ膜瘤)、角膜ジストロフィー}、網膜剥離:インフォームドファイル,インターズー,2014

2014年

(7)齋藤陽彦,白内障、角膜潰瘍、進行性網膜萎縮、突発性後天性網膜変性、網膜剥離、緑内障、ぶどう膜炎:最新版 愛犬の病気百科 目の病気,愛犬の友社,2014

2014年

(8)齋藤陽彦,1)視覚のある緑内障への治療 ②前房シャント挿入術:治療(V)外科的治療の実際:前房シャント挿入術,Arch-2,2014

7. 監訳

2006年

(1)J Dziezyc and NJ. Millichamp. カラーアトラス 犬と猫の眼科学,齋藤陽彦監訳, 文英堂出版,東京,2006.

8. 成書翻訳

2002年

(1)SR Hollingsworth,犬のプロトテコーシス,齋藤陽彦訳,感染症と眼,The Veterinary Clinics of North America Small Animal Practice Vol. 30, No. 5, 小谷忠生監訳,学窓社,東京,2002, pp. 105-113

2002年

(2)J Dziezyc,犬の全身性細菌感染,齋藤陽彦訳,感染症と眼,The Veterinary Clinics of North America Small Animal Practice Vol. 30, No. 5, 小谷忠生監訳,学窓社,東京,2002,  pp. 115-125

2002年

(3)J Stiles,犬のリケッチア感染,齋藤陽彦訳,感染症と眼,The Veterinary Clinics of North America Small Animal Practice Vol. 30, No. 5, 小谷忠生監訳,学窓社,東京,2002, pp. 141-153

2002年

(4)RD Whitley,犬と猫の眼における原発性細菌感染,齋藤陽彦訳,感染症と眼, The Veterinary Clinics of North America Small Animal Practice Vol. 30, No. 5, I小谷忠生監訳,学窓社,東京,2002, pp. 155-170.

若生 晋輔(副院長・眼科専門医)プロフィール

副院長:若生 晋輔(D.V.M PhD DJSCVO) Shinsuke Wakaiki

齋藤院長

○経歴

2003年3月 酪農学園大学獣医学部獣医学科卒業
2003年4月 獣医師免許取得
2007年3月 農学園大学大学院獣医学研究科獣医学専攻博士課程終了
2007年4月〜 トライアングル動物眼科診療室に勤務
2008年 米国獣医眼科専門医協会 (American College of Veterinary Ophthalmologists) Basic science course修了
2010年 一般社団法人 日本獣医眼科カンファランス 役員
2012年 比較眼科学会認定・獣医眼科学専門医取得
2012年 獣医眼科専門医 比較眼科学会(DJSCVO)

メッセージ

大学卒業以来ずっと眼科を専門に携わっており、飼い主さんと一緒になって動物の眼を守っていきたいと思っています。眼は、自分の体を守るための大切な一部です。気になることは何でも気軽にお声かけください。

○学位論文テーマ

犬の網膜・脈絡膜の病態を解析する蛍光眼底造影検査法に関する研究

○学会発表

2007年

比較眼科学会
「犬白内障手術における眼内レンズ全長径選択のための角膜径測定に関する検討」

2007年

関東地区三学会
「犬白内障手術において左右眼に異なった眼内レンズを挿入した1例」

2008年

臨床病理学会
「白内障手術後に遷延性炎症を呈した犬の1例」

2008年

関東地区三学会
「後嚢切除を併用したイヌ白内障手術の検討」

2009年

関東地区三学会
「イヌの小眼球症を伴う白内障に対する柔軟性の高い眼内レンズの応用」

2009年

比較眼科学会年次大会
「眼内レンズ選択における犬種別角膜径の比較」

2010年

ACVO(アメリカ獣医眼科専門医集団年次大会) 「COMPLICATIONS AFTER PHACOEMULSIFICATION FOR CATARACT REMOVAL IN SHIBA DOGS 」

2011年

比較眼科学会年次大会
「網膜電図検査で消失型を呈する進行性網膜萎縮への白内障手術の試み」

2013年

比較眼科学会年次大会
「前房内シャント設置術後にみられた視神経乳頭萎縮変化」

2015年

比較眼科学会年次大会
「網膜裂孔に対する光干渉断層計を用いた経瞳孔網膜レーザー凝固術の1例」

風間 善道(眼科研修医)プロフィール

眼科研修医:風間 善道 (D.V.M) Yoshiyuki Kazama

齋藤院長

○経歴

2009年3月〜 帯広畜産大学畜産学部獣医学科卒業
2009年4月〜 獣医師免許取得
2009年4月〜2012年3月〜 埼玉県内動物病院勤務
2012年4月~2013年3月 酪農学園大学附属動物病院麻酔科研修
2013年4月〜 トライアングル動物眼科診療室に勤務

メッセージ

眼科専門診療を通じて、動物たちの眼がいつも良い状態でいられるよう、また飼い主様の不安や心配を解消できるよう、日々研鑽してまいります。また、眼科手術における麻酔の安全性も高めていきたいと考えています。

岩下 紘子(眼科研修医)プロフィール

眼科研修医:岩下 紘子 (D.V.M) Hiroko Iwashita

齋藤院長

○経歴

2009年3月 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
2010年4月 獣医師免許取得
2010年4月〜7月 東京都内動物病院勤務
2010年10月〜2012年12月 福岡県内動物病院勤務
2013年3月〜 トライアングル動物眼科診療室に勤務
2016年4月〜 東邦大学医学部医学研究科 高次機能制御系 眼科学講座 所属

メッセージ

卒業後、一般診療を2年半経験し、学生時代より興味を持っていた眼科診療に携わることができました。これまでの経験を活かし、丁寧な診療を心がけてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

○学会発表

2014年

(1)岩下紘子, 若生晋輔, 風間善道, 齋藤陽彦 (2014): 眼瞼縫合後の実質性潰瘍性角膜炎の上皮被覆までの日数の検討。日本獣医眼科カンファランス(JVOC)2014年次大会, 東京 日本

2014年

(2)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2014): Time to Re-epithelialization of Corneal Stromal Ulcers Treated by Temporary Partial Thin-Suture Tarsorrhaphy, 第2回獣医眼表面疾患ワークショップ(COSD) 第45回米国獣医眼科専門医年次大会(ACVO) Fort Worth,TX

2015年

(3)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2015): Examination of Tear Film Break Up Test at Triangle Animal Eye Clinic, 第3回獣医眼表面疾患ワークショップ(COSD), Niseko, Hokkaido, Japan

2015年

(4)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2015): Two Cases of Corneal Endothelial Dystrophy Treated by Conjunctival Flaps for Corneal Ulcers. 第3回獣医眼表面疾患ワークショップ(COSD), Niseko, Hokkaido, Japan(4)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2015): Two Cases of Corneal Endothelial Dystrophy Treated by Conjunctival Flaps for Corneal Ulcers. 第3回獣医眼表面疾患ワークショップ(COSD), Niseko, Hokkaido, Japan

2015年

(5)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2015):『トライアングル動物眼科診療室における TF-BUT』,第4回獣医眼表面疾患ワークショップ(COSD), Tokyo, Japan

2015年

(6)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2015): THE EVALUATION OF TF-BUT AT TRIANGLE ANIMAL EYE CLINIC, 第5回アジア獣医眼科学会(AiSVO), Kuala Lumpur, Malaysia

2016年

(7)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2016): The Evaluation of Fluorescein Staining,第5回獣医眼表面疾患ワークショップ(COSD), Niseko, Hokkaido, Japan

2016年

(8)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2016): The Evaluation of TF-BUT in Canines.第5回獣医眼表面疾患ワークショップ(COSD), Niseko, Hokkaido, Japan

2016年

(9)岩下紘子, 若生晋輔, 風間善道, 齋藤陽彦 (2016):『イヌにおける 涙液膜破壊時間(Tear Film Breakup Time)の 評価法についての検討』, 第36回比較眼科学会年次大会, 東京 日本

2016年

(10)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2016): EVALUATION OF PUNCTATE FLUORESCEIN STAINING PATTERN IN TRIANGLE ANIMAL EYE CLINIC, 第6回獣医眼表面疾患ワークショップ(COSD), 東京 日本

2017年

(11)岩下紘子, 岡島行伸, 糸川貴之, 大畑絢香, 丑田公規, 堀裕一 (2017): ソフトコンタクトレンズの水濡れ性評価のための新しい接触角測定法の試み,角膜カンファランス2017, 福岡 日本

2017

(13)岩下紘子, 若生晋輔, 風間善道, 齋藤陽彦 (2017) :イヌにおけるストリップメニスコメトリーチューブによる涙液分泌機能測定についての検討 第37回比較眼科学会年次大会, 筑波 日本

2017

(14)Iwashita H, Wakaiki S, Kazama Y, Saito A (2017): WHEN SHOULD WE MEASURE THE SCHIRMER TEAR TEST?第47回米国獣医眼科専門医年次大会(ACVO) Baltimore,MD

2018

(15)岩下紘子、岡島行伸、糸川貴之、鈴木崇、馬渕清資(北里大・医療衛生学部)、堀裕一(東邦大・大森)(2018):ソフトコンタクトレンズ上の潤滑に及ぼすヒアルロン酸の効果。角膜カンファランス2018, 広島 日本

齋藤 智彦(獣医師)

獣医師:齋藤 智彦(D.V.M) Tomohiko Saito

齋藤院長

○経歴

2017年3月 日本大学生物資源科学部獣医学科卒業
2017年4月 獣医師免許取得
2017年4月〜9月 東京都内動物病院勤務
2017年10月〜 トライアングル動物眼科診療室に勤務

メッセージ

「目は口程に物を言う」と言いますが、物言えぬ動物達こそ、「見える」ということは重要だと考えています。寿命を全うするまで、クリアな視界を保てるよう精進していきたいと思います。

外来診療時間のお知らせ
 
午前 × ×
午後 × ×

外来:○受付/△原則的に手術/×休診
午前:9:30〜12:00
午後:2:00〜5:00(土・祝日のみ)
休診:木曜日・日曜日

月〜金曜日の午後は、原則的に手術時間とさせていただきますが、空きがある場合に限り、外来診療を受け付けます。
※診察は原則として予約制になります